M&Aとは

What is M&A

一般的M&Aの流れのイメージ

一般的M&Aの流れのイメージ 一般的M&Aの流れのイメージ

こんな場合にはM&Aを

  1. 1.後継者がいない

    後継者になれる能力がある部下がいない。また子供もおらず、いたとしても他の仕事に就いていて家業に興味もない、または先行きが不安なので継がせたくないなどの場合は後継者が不在となってしまいます。
    経営者ご自身も高齢であり、後継者を見つけないと廃業しなくてはいけなくなってしまうような場合、M&Aなら事業に関心があり、より拡大・発展させてくれる企業を見つけることが可能です。

  2. 2.後継者の資金不足

    有能な部下がいても、まず事業承継する人物が、会社の株式を譲り受ける資金を準備しなくてはいけません。
    それを準備することができない場合には、譲ることは難しくなります。
    M&Aを行うと、資金面での心配は不要となり、よりスムーズに事業を継続していくことができるようになります。

  3. 3.リタイアしたい

    家族と過ごす時間を増やしたい、趣味を楽しみながらのんびり過ごしていきたいと考える方も多くいらっしゃいます。
    しかし会社経営のために借り入れした金融機関に対し、個人保証や担保提供もされているはずです。仮に後継者が見つかり譲渡したとしても、金融機関が個人保証や担保の解除をしてくれない場合もあります。
    M&Aなら、そのような保証からも解放されますので、安心してリタイヤすることができます。

  4. 4.業績不振で先行きが不安

    事業を続けるうちには、業績が芳しくない時もあるでしょう。
    このまま経営を続けていくことに不安を感じる場合もあると思います。
    M&Aなら譲渡することもできますし、あるいは大手企業の傘下に入って安定を目指すこともできます。